« 「自ら学ぶ意欲の心理学」10   櫻井茂男著   | トップページ | 芥川龍之介 紫の火花 »

2014年6月23日 (月)

「自ら学ぶ意欲の心理学」  櫻井茂男著  その10

  
前回まで、自ら学ぶ意欲に与える教育の影響について、中学生までの先生のお考えを紹介致しましたが、高校生・大学生につきましては対象となる生徒が少ないため、省略させていただきます。それで、今回からは、自ら学ぶ意欲と学業成績、精神的健康や自ら働く意欲との関係について、先生の意見を紹介致します。
さまざまな研究により、自ら学ぶ意欲が高いと学業成績もよいことが報告されていますが、これはほぼ予想された内容です。ただ、注目すべきは、学習の質との関連です。
グロルニックとライアンという二人の研究者の実験結果を報告します。
小学生を二群に分け、一つの群れには教科書に掲載されている短い文章を読むように教示します。もう一つの群れにも同じ文章を読むように教示しますが、さらに後でテストをして成績の一部にすることをつけ加えます。
後者の群は外発的な学習意欲を喚起した群であり、それに比べると前者の群は内発的(自ら学ぶ)意欲が高い群といえる訳です。
実験終了後、両群の成績を比べますと、機械的な暗記問題では外発的な学習群の方が優れていましたが、学習内容の概念的理解を問う問題では、内発的に(自ら)学ぶ群の方が優れていました。
この結果は一見しますと、学習内容の概念的理解という面では、内発的な(自ら学ぶ)意欲の高い方が有利で、機械的暗記という面では、外発的な学習意欲の高い方が有利なように見えます。しかし、一週間後に行われた成績の再チェックでは、機械的な暗記問題における外発的な学習群の優位性は失われていたのです。この結果は長い目で見ますと内発的な(自ら学ぶ)意欲の高い群の方が、質の高い学業成績を修めることが期待できることを示唆しています。しかし、それにしましても、テストの効用について、私はいろいろ考えさせられました。以前も見ましたように、後でテストを行うと言っただけで意欲をなくしてしまう子どももいますし、そのうえ、学びも浅くなるというのでは、よく考えて実施しなく
てはいけません。受験学年では、相対的な自分の位置を知るために必要なのですが、そうでない学年では、むやみにテストを行うことは極力控えた方がよさそうです。特に、順位を競うようなテストは、外発的な力がいっそう強く働きますので要注意です。理解度、定着具合を確認するための必要最小限のテストで、その結果も、決して他者と比べたりするのではなく、過去の自分と比較する、いわゆる自分の成長具合が把握できる内容にすべきでしょう。そのような場合のみ、テストのマイナス面は最小に抑えることができると思います。
次回は、自ら学ぶ意欲と精神的健康の関係について、先生の意見をご紹介いたします。   

|

« 「自ら学ぶ意欲の心理学」10   櫻井茂男著   | トップページ | 芥川龍之介 紫の火花 »

桜美通信より」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/336013/56587893

この記事へのトラックバック一覧です: 「自ら学ぶ意欲の心理学」  櫻井茂男著  その10 :

« 「自ら学ぶ意欲の心理学」10   櫻井茂男著   | トップページ | 芥川龍之介 紫の火花 »